メイン

2007年01月 アーカイブ

2007年01月18日

副業「ネットビジネス」からのプレゼント

 目を閉じて想像してみて下さい!!
【上司に文句を言われることも無く、のんびりと優雅に過ごせる日々を・・・】
【何の締め切りにも追われることなく、マイペースに働ける日々を・・・】
【休みの日には、家族みんなで豪華に温泉旅行できる日々を・・・】
【健康に気遣う時間ができて、活動的にスポーツを楽しめる日々を・・・】
そして・・・・あなたの顔から『笑顔』が消えることはもうありません。
あふれんばかりの幸せで囲まれているから☆☆

 これは幻想なんかではありません。これを読んだみなさんはもうこの夢のような幸せに手を掛けているのです。目の前まで来ているのです。ただそれをがっしりと掴むか、スルリと掌から逃げて行ってしまうかは、あなた次第なのです。
平凡で毎日毎日時間に追われながら、たまにある友人との飲み会だけが楽しみで、それに納得しているなら何ももう言いません。ただ私にはそんな人が存在するとは思いません。もし自分は今の生活で満足だといっている人がいたとしても、それは自分に嘘をついているだけなのだから。本当の心は常に笑顔を求めているはずです。
 
みんなで幸せの第一歩を踏み出しましょう☆☆

副業「ネットビジネス」へのベストプラン NO.2

基本的にはこれら4つだけです。これだけみると非常に単純に見えますが、実際は②、③が非常に大切で大変な作業になってきます。ホームページへのアクセスを増やすことと、ホームページの内容を強化していくことを同時進行で繰り返し進化させていくことが大切で、この②・③の強化はどれだけやっても足りないほどです。逆に言えば、やればやるほど成果が出るのは間違いありません。ここでは、ある程度の資金を払ってインターネット上でノウハウを買うことをお勧めします。はっきりいって、そのくらいのお金はすぐに戻ってくるので心配ないと思います。
次に収入を上げる仕組みが確立してきたら、今度はその経験を売ってしまいましょう。実際に自分が儲かっているわけだから説得力も抜群だし、最初のうちは低価格で販売していれば売れること間違いなしです。ここまで来れば、あとは鼠算式にどんどん副収入は増えていくのみです(もちろん努力もしないとだめですが、、)。ただもしこの時点でこのシステムを放置していてもある程度の副収入はずーーっと入ってくることでしょう。

副業「ネットビジネス」へのベストプラン NO.1

 これさえ知れば幸せな副収入生活がもう目の前です。
 端的に言います、ネット副業で成功する方法として『塵も積もれば山となる』の精神を持つことです。この精神を忘れることなく、あとはちゃんとしたマニュアル(インターネット上で販売しているネット副業についてのノウハウ)にそって進めていけば間違いなく成功できます。はっきりいって単純作業が多いのも事実ですが、それを続けることで気付いたら多額のお金を生み出すシステムが出来上がっているのです。一度波に乗ったらもう止まりません。はっきりいって副業を本業にしてしまおうと思うかもしれません。
 ではノウハウほどではないですが、とても端的にまず何からすればネット副業で成功できるのかを私なりの見解で簡単に書いていこうと思います。

①まずホームページを開設する

②そこにお店や商品の広告を載せて広告料を得る仕組みを作る(広告媒体)
 そこでお店や商品を紹介することで、紹介料を得る仕組みを作る(アフィリエイト)
 商品を売って販売代金を得る仕組みを作る(インターネットショップ)
 《これら三つのどれか一つでもよい!!》
↓↑   
③無料メルマガや無料ブログなどをうまく活用することにより、ホームページへのアクセスを増やす(他;サイト推薦、SEO対策など)

④自らの成功した経験を、自分のホームページ上でノウハウにして情報販売することで多額の利益を生み出す

副業における様々な在宅ネットビジネス

 ネット副業といっても様々なものがあります。
・アフィリエイトによる副業            
⇒自分のホームページやブログ、メルマガなどに商品や企業のサイトへ誘導するリンクを貼り、自分のサイトからリンク先へ飛んだ際に、売り上げなどが発生すると売り上げの数%の報酬がもらえる
・懸賞による副業 
⇒懸賞サイトに登録して、商品をGETすることで、利益を得る方法
・メール受信による副業
⇒広告付きのメールを受信することにより、現金や商品に交換できるポイントを獲得し稼ぐ方法
・ホームページ作成による副業(在宅ワーク)
⇒必要なデータや資料が自宅に送られてきた上で、作業を行い、完成したらデータを返送することで、報酬を得る方法(報酬額は、出来高により異なる等様々な評価基準が存在)
・モニターによる副業
⇒アンケート・モニターという企業からのモニター依頼に応えて報酬を受け取る方法や、大企業の新商品を試してその感想を送ることで、報酬が得る方法
・インターネット オークションを使った副業
  ⇒専門知識を十分に生かし、転売などをすることにより利益を生む方法
・情報(専門知識・ノウハウ)を生かした副業
  ⇒情報をインターネット上のホームページやブログで販売することにより利益をあげる方法

 このようにネット副業といっても非常に様々な副業が存在します。手間がほとんどかからない副業からある程度の時間を必要とする副業まで存在し、手にすることが出来る金額もそれぞれ違ってきます。
 ではどのネット副業をすれば、短時間で多額の副収入を手にすることが出来るのでしょうか?

副業「ネットビジネス」をお勧めするワケ NO.2

 ネット副業をうまいこと活用すれば、本当にリスクなしで資金もかからず、時間もかけることなく、なおかつ自分の好きな分野で莫大なお金を生み出すことができてしまうのです。
信じられないようなおいしい話ですが、実際ネット副業で儲かっている人は現在たくさんいますし、中には副業から本業にしてしまっている人もいるほどです。私自身莫大とまではいきませんがネット副業により大きな副収入を得ることが出来、以前とは比べ物にならないほど幸せな日々を満喫しております。
こんな裏付けがあるからこそ私は自信を持ってネット副業をみなさんに紹介したいのです。ではなぜネットビジネスはこれほどまでにおいしい副業として成り立っているのでしょうか?ネット副業が儲かる副業であり続ける背景には次のような要因があります。
・ インターネットはテレビや新聞、雑誌に次ぐ広告媒体として期待されていて、大手企業のインターネットに対する広告費等の割合も年々増加しているという背景
・ その他の宣伝広告媒体と比較した場合、圧倒的に費用が低いこと
・ 情報伝達が速く、様々な表現方法が存在(文字、画像、音、動画、ライブなど)
・ 情報がインターネット網へ網の目のように無限に広がっていく
・ 自宅で出来、無店舗経営が可能(個人でも可)
・ インターネットを利用し始める人も 年々目まぐるしく増加(FAXや携帯電話の利用者が最初は少数だったが増加していったように)
・ 普及が完全ではない為、未知のネットビジネスの起業も十分考えられる  etc..
これら様々な要因があるからこそ現在ネット副業は他のどんな副業よりもおいしい副業だといえるのです。

副業「ネットビジネス」をお勧めするワケ NO.1

 前節では様々な副業を紹介し、自分に合った副業を選ぶことが大事だと記しました。しかし、最初に言ったリスクもなく時間もそれほどかけず大量のお金をゲットする方法とはかけ離れているのは間違いありません。確かに自分に合った副業を選びそこそこの副収入が手元に入ってくるのは嬉しい話ですが、それではお金が入ると同時に相応の時間も費やしてしまっているのであまり意味がありません。
では世の中のみなさんの時間とお金への願いを叶えてくれるおいしい副業を紹介しましょう。それこそがこれから説明していくネット副業なのです。

副業の幅広い世界

たくさんの副業の中からある程度紹介したいと思います。

1:接客系、セールス系
コンビニ・ファミレス店員、カラオケ店員、フリーマーケット、講師、占い師、テレフォンオペレーター、etc..

2:資格系、頭脳系
通訳、翻訳、塾講師、家庭教師、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士、試験の監督、行政書士、etc..

3:代行ビジネス系、サービス系
運転代行、宛名代筆、モニター調査、ホームヘルパー、ベビーシッター、家事サービス、営業代行、etc..

4:出版系、マスコミ系
カメラマン、ライター、漫画家、漫画家のアシスタント、作詞家、作曲家、コピーライター、校正、etc..

5:イベント系
モデル、コンパニオン、イベントスタッフ、司会、セミナー主催、パーティー主催、エキストラ、テレビ番組の観覧、キャンペーンスタッフ、etc..

6:アーティスト系、デザイン系
イラストレーター、フラワーデザイナー、ネイリスト、ゲームデザイナー、グラフィックデザイナー、ホームページクリエイター、etc..

7:ガテン系
ポスティング、デリバリースタッフ、ビル掃除、ガードマン、引越しのアシスタント、メッセンジャー、新聞配達員、ガソスタ店員、配送スタッフ、ホテルルームメイク、etc..

8:夜系
ホスト、ソープ・ヘルス・SM嬢、バーテンダー、フロアレディ、AV女優・男優、居酒屋店員、etc..

9:ネットビジネス系
ネットオークション、メールマガジン、プログラマー、ネット通販、データ入力、ユーザーサポート、情報販売、アフィリエイト、etc..

10:他
スポーツインストラクター、蜂の巣駆除、発明家、探偵、インテリア修復、ブリーダー、自動販売機設置所の紹介、就職コンサルタント、ネーミング、ゲームテスター、etc..

これら様々な副業の中から自分に最もあった副業選びをすることが必要です。
副業を探す方法には次のようなものがあります。
〔例〕アルバイト情報誌・副業本・ビジネス雑誌・インターネット・チラシ広告・張り紙・問い合わせ・口コミ、人からの紹介・自分からの情報発信etc…
これらの様々な方法を使い、副業を選ぶとよい。また一つだけ使うのではなく、いくつかを組み合わせて副業選びをするとより効果的に自分に合った副業を選ぶことが可能になります。

副業における市場調査

 副業について世の中の人々はどのように捉えているのでしょうか?
2002年11月に、全国の正社員700人(回答数;534人)を対象に副業についてのアンケート調査(生活情報センターより)をもとに考えていこうと思います。

Q1.これまでに副業経験はありますか?
A;副業経験者が全体の51%(現在している11%、過去に経験がある40%)

Q2.今後、副業をしてみたいと思いますか?
A;実に回答者の79.6%もの人が機会があれば副業をしたいと思っている。(男性73%、女性86%)

Q3.副業をしたいと考える理由とは何ですか?
A;1位の理由はサラリーマン、OLともに、『もっと自分の小遣いがほしい』で、次に挙げられる理由として、『家計の補助のため』となった。

Q4.副業が順調なら独立を考えるか?
A;43%もの人が『考える』と答えた。特に50代男性は半数以上の人が『考える』と答えた。

これらのアンケートから様々なことがわかる。
まずQ1、Q2より、世の中の人々は非常に副業に興味を持っているということである。
次にQ3から考えられることとして、家計が苦しいために家計補助が必要である、そのために小遣いが減らされる、といった悪循環が起きていることが分かる。実際30,40代の男性の70%近くの人が『もっと自分の小遣いがほしい』といっていのである。従って、その悪循環への打開策というのが副業の存在なのである。
Q4で半数以上の男性が独立も考えると回答した背景には、定年後の仕事確保やリストラ対策などの理由が考えられる。

副業が必要とされる現状

現在、副業が欠かせない時代になりつつあります。
以前は本業の仕事以外に副業を持つことはかなり稀なことでしたが、最近では昔と比べるとだいぶ副業をしている人が増えたと思います。それらの要因として考えられることが2つあります。
まず第一に会社の副業に対する捉え方の変化です。これまで副業とは、会社側からしたら認めることが非常に珍しかったものです。特に、大手企業などでは、副業をしていることが発覚すればクビになる可能性もありました。しかし、最近になって会社の副業に対する考え方も変わってきていて、一部の社員や期間限定で副業を正式に認める会社や、正式に認めないまでも副業をやむを得ないものとして黙認している会社も多くなってきているのです。 
二つ目の要因としては、副業を選択する際に非常に選択肢が増えたということです。副業をうまくやっていくには、自分にあった副業を選ぶことが大切なのです。副業の目的・希望の仕事内容・収入・勤務スタイル・就業時間の関係などにより自分に合った・自分の好きな副業を選べれば、副業は自然とうまく機能していくことでしょう。

副業の無限大の可能性

 『会社から貰える給料のほかにもっと資金がほしい』
 『違う仕事がしてみたい』
 『自由な時間をできるだけ維持しつつ、もっとお金がほしい』
 誰もが感じる心の叫びです。それはサラリーマンに限らず、学生、主婦、フリーターなどほとんど世の中のすべての人の願いだと言っても過言ではありません。
しかしこれらの願いがかなうことは非常に稀のように思えます。なぜならほとんどの人が頭で思っているだけで結局何も動こうとはしないからです。挑戦することにより発生するリスクに恐れ、結局、現状維持で自分を押さえ込んでしまうのがほとんどです。
『起業して失敗したら人生終わりだよ。。。』
『挑戦するだけ時間の無駄だよ』
『別にそこまでお金いらないし』
このように自分に言い聞かせ、自分に嘘をついて生活していくことが本当に正しいのでしょうか?間違っているとは言いませんが、正直たった一度の人生がもったいないと思います。なぜならリスクもなく、時間もそれほどかけず大量のお金をゲットする方法があるのだから。
それが副業です。
このブログでは副業についての様々な情報を提供することから始まり、副業の種類の説明、さらには適切な副業の選び方などを記していきたいと思います。
最終的にはこのブログを通して、皆さんの願いが叶えられることを願います。

About 2007年01月

2007年01月にブログ「ネット副業.com」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。